スポンサーリンク

コスモス・センセーションホワイト(白いコスモス)

 10月の国営木曽三川公園138タワーパークの花畑は、西から順にコスモス(コンビ)、イエローキャンパス(薄黄色)、センセーションホワイト、キバナコスモス(レモンブライト)と見事にコスモスで色分けされていました。

コスモス・センセーションホワイト(白いコスモス)

 138タワーパークは、コスモスが最盛期を迎えていました。中でも今回はセンセーションホワイトを中心に撮影してきました。

コスモス・センセーションホワイト 遠景

コスモス・センセーションホワイト 遠景

SONY α7Ⅲ
Carl Zeiss Makro-Planar 2/50 ZE
f/2、1/4000sec、ISO-100、WB-5450K 2020-10-16

 ここまで引くと最盛期って感じが出ますよね。

コスモス・センセーションホワイト 近景ハイキー

コスモス・センセーションホワイト 近景ハイキー

SONY α7Ⅲ
Carl Zeiss Apo Sonnar 2/135 ZE
f/5.6、1/400sec、ISO-100、WB-5500K 2020-10-16

 ほぼ最短撮影距離です。白い空のなかで、どこまで白い花弁の質感が表現できるか?。お気に入りのアポゾナーでチャレンジしてみました。

コスモス・センセーションホワイト 近景

コスモス・センセーションホワイト 近景

SONY α7Ⅲ
Carl Zeiss Makro-Planar 2/50 ZE
f/2、1/3000sec、ISO-100、WB-5200K 2020-10-16

 2輪の花と蕾が見事に等距離に並んで見えたのですが、左上の蕾が惜しい!。そんな甘くはありませんでした。しかしこの写り!、アポゾナーも好きですが、流石のマクロプラナーです。

コスモス・センセーションホワイト(白いコスモス)自己添削

 開放でも花、蕾、葉が見事に画面内で距離が合い、画になる構図を見つけるのに苦労しますが、この日は運良くすんなり見つかりました。後は木漏れ日のローキーが撮れれば言うことなしなのですが…。

↓ぽちっとお願いいたします。

この記事を気に入っていただけましたら、拡散(シェア)いただけると嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました