スポンサーリンク

睡蓮 Water lily(フラワーパーク江南)7月8月に水辺で咲くしべの根本が黄色い花

 フラワーパーク江南にて、熱帯性スイレン展をやっていたので撮影してきました。

睡蓮 Water lily(フラワーパーク江南)

睡蓮 Water lily

 木曽川左岸にある、フラワーパーク江南。7月20日から9月1日までのロングランで、反射池まわりで熱帯性スイレン展を楽しめました。気に入った花のみとなりますが紹介いたします。

 撮影日が異なるのは、仕事前の僅かな時間を利用して撮影していますので、何日かに分けて撮影しております。

チャールズ・ウィンチ(Charles Winch)

チャールズ・ウィンチ(Charles Winch)

SONY α7Ⅲ Carl Zeiss Makro-Planar T* 60mm F2.8 C MMJ
f/11、1/400sec、ISO-160、WB-5050K 2019-07-25

 今回、もっとも気に入った画がこちら。和的な印象のある色合いながら、品を感じる質感。

シズク(Shizuku)

シズク(Shizuku)

SONY α7Ⅲ Carl Zeiss Makro-Planar T* 60mm F2.8 C MMJ
f/8、1/250sec、ISO-100、60mm、WB-4300K 2019-07-30

 何と言う妖艶な色合いなんでしょう。ブルーの花弁も綺麗ですが、中心部分のイエローまでのコントラストが美しい。

シズク(Shizuku)雨天

シズク(Shizuku)雨天

SONY α7Ⅲ Carl Zeiss Makro-Planar T* 60mm F2.8 C MMJ
f/16、1/125sec、ISO-1600、WB-6000K 2019-08-28

 名前が「しずく」と言うことで、雨の日に雫が乗ったものも撮影してきました。雨の日の色の出かたはやっぱりいいですね。ただRAW現像は他の画の逆で、ハイライトを上げて、シャドゥを下げています。

ピンク・フラミンゴ(Pink Flamingo)

ピンク・フラミンゴ(Pink Flamingo)

SONY α7Ⅲ Carl Zeiss Makro-Planar T* 60mm F2.8 C MMJ
f/8、1/250sec、ISO-100、60mm、WB-4750K 2019-07-30

 シャープなエッジ、八重に咲く細みの花弁は美しいピンク。

バヨー・ブルー(Bayou Blue)

バヨー・ブルー(Bayou Blue)

SONY α7Ⅲ Carl Zeiss Makro-Planar T* 60mm F2.8 C MMJ
/8、1/250sec、ISO-100、WB-4950K 2019-07-30

 シベに混ざる赤みが、花弁の美しいブルーと中心部分のイエローとのグラデーションを整える。

ブルズ・アイ(Bull’s Eye)

ブルズ・アイ(Bull's Eye)

SONY α7Ⅲ Carl Zeiss Makro-Planar T* 60mm F2.8 C MMJ
f/11、1/400sec、ISO-100、60mm、WB-5000K 2019-07-25

 展示されている中ではもっとも赤みの強い花弁で、これから広がるであろう中心部分も含めると何と70枚だそうです。説明にはバーガンディと書かれていたが、ワインレッドに近いか。

コロラタ(Colorata)

コロラタ(Colorata)

SONY α7Ⅲ Carl Zeiss Makro-Planar T* 60mm F2.8 C MMJ
f/8、1/250sec、ISO-100、60mm、WB-5400K 2019-07-30

 花弁はやや薄めのパープルブルーからのグラデーション、先端は鋭く影を落とす。しべはメリハリのある色合い。

キー・ラルゴ(Key Largo)

キー・ラルゴ(Key Largo)

SONY α7Ⅲ Carl Zeiss Makro-Planar T* 60mm F2.8 C MMJ
f/11、1/125sec、ISO-100、60mm、WB-4850K 2019-08-27

 ラベンダーカラーは珍しいそうです。しべの艶も見事ですが、何か大切なものを守っているかのような包み込み方、また隠し切れない黄金色。

睡蓮 Water lily(フラワーパーク江南)自己添削

 本来、睡蓮は池の中で咲いており、望遠レンズが必要です。しかし今回の展示は、ほとんどが鉢で見ることができるので、上からのぞき込む画を含め、接写もできました。面白い画が沢山撮れました。

 ピント位置と被写界深度は、やはり迷いがあります。ほとんどの画がF値以上に被写界深度を稼ぐため、引きで撮ってトリミングしております。それでももう少し深度を深く撮りたかったと反省。

↓ぽちっとお願いいたします。

この記事を気に入っていただけましたら、拡散(シェア)いただけると嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました