スポンサーリンク

こうなん(江南)藤まつり(曼荼羅寺公園)4月5月に咲く葡萄のように垂れ下がる花

 ゴールデンウィーク初日の4月29日、久しぶりに家族で曼荼羅寺の藤を見に行くことになりました。

こうなん藤まつり(曼荼羅寺公園)

 有料の臨時駐車場に止め正面に行くと、これほどの規模だったっけ?と驚くほどの人。もともと屋台を望遠の圧縮効果で撮ってみたかったのでチャレンジ!。人も圧縮され雰囲気でました。


曼荼羅寺の参道

曼荼羅寺の参道

SONY α7Ⅲ SEL70300G
f/8、1/320sec、ISO-1600、300mm、WB-5800K 2019-04-29

 天候は程よい曇り。ある程度被写界深度を確保するためにf8まで絞りました。300mmと言うことで、SSもやや速め。結果ISOは1600まで上げることになりました。人物にはぼかしが入っています。

九尺藤(望遠)

九尺藤(望遠)

SONY α7Ⅲ SEL70300G
f/8、1/320sec、ISO-1600、300mm、WB-5800K 2019-04-29

 上の写真と同様の設定で、満開の藤を表現するために望遠で圧縮してみました。三脚が立てられれば、f値は16で長秒露光したかったところですが、人込みで三脚はマナー的にどうかってことで手持ち。前ボケ、後ろボケの藤となりました。

九尺藤(広角)

九尺藤(広角)

SONY α7Ⅲ SEL1224G
f/4、1/200sec、ISO-800、12mm、WB-5600K 2019-04-29

 超広角レンズに付け替え、今度は一気に12mm。広角はどうしても花が痩せて見えるので、もっとも痩せて見える位置に幹を配してみました。やはり重なる部分は色が出ました。パースの出方も、無理している感じのないような画角で。

九尺藤(広角パース補正)

九尺藤(広角パース補正)

SONY α7Ⅲ SEL1224G
f/11、1/320sec、ISO-800、12mm、WB-5600K 2019-04-29

 藤が降ってくるような描写。超広角レンズを真上に向けての撮影です。人込みでも撮影できる広角ならではの画ですね。SNSにアップしたのは、この画像からのトリミングです。

本紅藤(広角)

本紅藤(広角)

SONY α7Ⅲ SEL1224G
f/11、1/200sec、ISO-800、12mm、WB-5750K 2019-04-29

 本紅藤と言う種類もいい感じに満開でした。こちらも超広角レンズを活かして、パースを効かせた構図。

定番?の草餅

定番?の草餅

左 Panasonic DMC-FZ5
f/3.3、1/200sec、ISO-80、72mm、2006-05-03

右 SONY α7Ⅲ Carl Zeiss Makro-Planar T* 60mm F2.8 C MMJ
f/8、1/640sec、ISO-400、60mm、WB-4800K 2019-04-29

 おまけ。13年前コンデジで撮影した娘と現在。まぁ、ある意味変わっていないと言うか、何と言うか。

こうなん藤まつり(曼荼羅寺公園)の自己添削

 野田白藤はまだあきらかに早く、見ごろは連休明けだったようです。画的には夜のライトアップも撮ってみたいが、今回は断念。いろいろなレンズで藤に挑みましたが、今回は断トツで超広角に軍配があがりました。

↓ぽちっとお願いいたします。

この記事を気に入っていただけましたら、拡散(シェア)いただけると嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました