スポンサーリンク

アメジストセージ(Velvet sage)9月に咲く紫のフカフカの花

 国営木曽三川公園138タワーパークにキバナコスモスの撮影に訪れた際、まるでビロードのように立毛で綺麗な紫の花に出会いました。調べたところ、英名はその名もズバリ「Velvet sage」、通称「アメジストセージ」で学名はサルビアレウサンカと言うそうです。

アメジストセージ(Velvet sage)

 138タワーパークは、コスモスも咲き始めてはいますが、見ごろは10月中旬とのこと。今はキバナコスモスが見頃を迎えています。フラワーパーク江南で撮影したオレンジ色のキバナコスモスも綺麗でしたが、こちらはレモンブライト。後日UPいたします。今回はそのレモンブライトの脇に、綺麗に咲いていたアメジストセージの紹介です。

アメジストセージ(Velvet sage)遠景

アメジストセージ(Velvet sage)遠景

SONY α7Ⅲ Carl Zeiss Makro-Planar T* 60mm F2.8 C MMJ
f/2.8、1/500sec、ISO-100、60mm、WB-5150K 2019-09-27

 奥にボケているのがレモンブライトです。今回の全体像は開放です。風があったので、被写体ブレしていない画はこれしかありませんでした。遠景な分、葉の形状なども判るので良しとしておきます。

アメジストセージ(Velvet sage)中景

アメジストセージ(Velvet sage)中景

SONY α7Ⅲ Carl Zeiss Makro-Planar T* 60mm F2.8 C MMJ
f/2.8、1/500sec、ISO-100、60mm、WB-5150K 2019-09-27

 レンズテストも兼ねていたので、三脚持参で開放から全てのF値で撮影しました。この程度の風なら1/250秒で十分だろうと、f/5.6からISOを順次上げていったのですが、唯一1/500秒となるこの開放がしっくりきました。

アメジストセージ(Velvet sage)中景

SONY α7Ⅲ Carl Zeiss Makro-Planar T* 60mm F2.8 C MMJ
f/4、1/750sec、ISO-100、60mm、WB-5300K 2019-10-03

 後日、ひと絞りした画をもう一度撮影しました。上の部分が少し白茶けてきたか?。少し現像方法も変えてみました。

アメジストセージ(Velvet sage)近景

アメジストセージ(Velvet sage)近景

SONY α7Ⅲ Carl Zeiss Makro-Planar T* 60mm F2.8 C MMJ
f/11、1/250sec、ISO-100、60mm、WB-4800K 2019-09-27

 最短撮影距離です。さすがに気を使って、風がやむのを待ったので1/250secで問題ない画でした。微ブレしてるかな?。立毛の雰囲気が良くわかると思います。f値は11ですが、近接で次の房まで距離があるので、背景は見事にボケてます。

アメジストセージ(Velvet sage)自己添削

 マクロレンジはともかくてして、中景くらいで画面の中にピントの合っている部分を最低二つは入れたいのですが、この花に関しては難しかった。コスモスの本番までに何度か訪れる予定なので、いい中景が撮れたら、差し替えたい。

↓ぽちっとお願いいたします。

この記事を気に入っていただけましたら、拡散(シェア)いただけると嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました