スポンサーリンク

清州ジャンクション(清州JCT)の夜景(愛知県清須市)

 愛知県清須市にある名古屋第二環状自動車道、名古屋高速6号清須線及び名古屋高速16号一宮線が接続するジャンクションの夜景を撮影してきました。

清州ジャンクション(清州JCT)の夜景

 この記事をまとめていて初めて気が付いたのですが、清州ジャンクションの清州は清州城の清州ですが、地名は清須市なんですね。清洲JCTの清須出入口なんてことになってます(笑)。

清州ジャンクション(清州JCT)の夜景(愛知県清須市)その1

 まずはジャンクションの南東側(地図右下)から北東(右上)を向いての撮影。

清州ジャンクション(清州JCT)の夜景(愛知県清須市)その1

SONY α7Ⅲ SEL1224G
f/13、63sec、ISO-100、12mm、WB-2800K 2019-05-31

 2019年5月に撮影し直しました。以前の画は強引に青みに持っていき、やや色が壊れていました。今回はlightroomでの現像のみでphotoshopではレタッチしていません。感度を100に固定した分、BULBで長秒露光しています。また三脚も新調し、地上高は1700mm。今までよりも200mm高い分、金網を避ける構図が可能となりました。

 写真右方向が名古屋第二環状自動車道を楠、勝川方面。

清州ジャンクション(清州JCT)の夜景(愛知県清須市)その2

 同じ位置、ジャンクションの南東側(地図右下)から南西(左下)を向いての撮影。

清州ジャンクション(清州JCT)の夜景(愛知県清須市)その2

SONY α7Ⅲ SEL1224G
f/13、60sec、ISO-100、12mm、WB-2800K 2019-05-31

 左奥方向が名古屋高速6号清須線を名古屋方面。

清州ジャンクションの南東側(地図右下)から北西(左上)を向いての撮影。

SONY α7Ⅲ SEL1224G
f/10、30sec、ISO-400、12mm、WB-3000K 2018-12-14

 同じポジションから北西方面を向いて。

清州ジャンクションの南東側(地図右下)から西(左)を向いての撮影。

SONY α7Ⅲ SEL1224G
f/13、65sec、ISO-100、12mm、WB-2800K 2019-05-31

 名二環よりのポジションから西方面を向いて。

清州ジャンクション(清州JCT)の夜景(愛知県清須市)その3

 三枚目の写真はジャンクション南西側(地図左下)から南東(右下)を向いての撮影。
清州ジャンクション(清州JCT)の夜景(愛知県清須市)その4

SONY α7Ⅲ SEL1224G
f/13、58sec、ISO-100、20mm、WB-2800K 2019-05-30

 右奥方向が名古屋高速6号清須線を名古屋方面。

清州ジャンクション(清州JCT)の夜景(愛知県清須市)その4

 四枚目の写真はジャンクション北西側(地図左上)から北東(右上)を向いての撮影。

清州ジャンクション北西側(地図左上)から北東(右上)を向いての撮影

SONY α7Ⅲ SEL1224G
f/10、30sec、ISO-400、12mm、WB-3000K 2018-12-14

 左奥方向が名古屋高速16号一宮線を一宮方面。今回はこの絵が一番気に入りました。

清州ジャンクション(清州JCT)の夜景(愛知県清須市)その5

 五枚目ラストの写真はジャンクション北西側(地図左上)から北東(右上)を向いての撮影。
清州ジャンクション(清州JCT)の夜景(愛知県清須市)その5

SONY α7Ⅲ SEL1224G
f/10、30sec、ISO-400、19mm、WB-3000K 2018-12-14

 青看板が入っているのでわかりやすいですが、左奥方向が名古屋高速16号一宮線を一宮方面。四枚目との違いは、五枚目の方が道路一本南西に下がった位置です。

清州東料金所

 清州東料金所の明かりが綺麗だったので、おまけに撮っておきました。

清州東料金所

SONY α7Ⅲ Carl Zeiss Planar T* 1.4/85 MMJ
f/11、3.2sec、ISO-100、85mm、WB-3000K 2019-05-29

 8枚絞り羽根の光芒は綺麗ですね。ナイスファイブスターでした。また手前の車の光沢や、高架下の反射も結構綺麗です。

清州ジャンクションの夜景撮影総評

 規模としては愛知県下最大級のジャンクションなだけに、いろいろな表情を見せてくれます。大きく分けて四ヶ所回るだけでも、2時間コース。長秒露光は大変ですね。しかし肉眼で感じるよりも美しい表情は病みつきになります。もっと歩き回れば、さらに面白いアングルもありそうなジャンクションでした。

↓ぽちっとお願いいたします。

この記事を気に入っていただけましたら、拡散(シェア)いただけると嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました