スポンサーリンク

大王製紙(可児工場)の夜景(可児市虹ヶ丘)

 本格的な工場夜景はいつか四日市へ行くとして、まずは身近な大王製紙(可児工場)の夜景を撮影すべく可児市の虹ヶ丘地区へ行ってきました。

大王製紙(可児工場)の夜景(虹ヶ丘配水場)

 国道41号線を美濃加茂方面へ走り、虹ヶ丘交差点で右折し、虹ヶ丘・名城大の交差点を左折すると、虹ヶ丘の住宅団地があります。突き当り左奥が、目指す撮影場所の虹ヶ丘配水場となります。


大王製紙(可児工場)の夜景(虹ヶ丘配水場)その1

大王製紙(可児工場)の夜景(虹ヶ丘配水場)その1

SONYα7Ⅲ SEL70300G:f/18・30秒・ISO-1600・168mm・WB-3500K

 虹ヶ丘配水場へは道路を歩いて上ることになります。円柱の建物のフェンス外から撮影いたしました。夜景としては高さが少し足りないことと、木々が写り込むのが気になりますが、望遠ズームを駆使して撮影。地図の位置から、北東を向いての撮影。三脚は一杯の高さの150cm。少しでも高い三脚が有利となりそうです。

可児市街の夜景(虹ヶ丘配水場)

 下の道路から配水場まである階段のところ(普段は施錠されている)の上に場所を移し、東を向いての撮影。

可児市街の夜景(虹ヶ丘配水場)

SONYα7Ⅲ SEL70300G:f/11・30秒・ISO-1600・70mm・WB-3500K

 可児市街が見渡せ、なかなかのスポットです。工場夜景ではありませんが、一応スナップしておきます。

大王製紙(可児工場)の夜景(虹ヶ丘地区アルプス公園)

 配水場から住宅地を通り少し東に行くと、アルプス公園があります。ここに場所を移しての撮影。

大王製紙(可児工場)の夜景(虹ヶ丘地区アルプス公園)その1

 道から下へ降りていくと、大王製紙が見渡せる公園に出ます。配水場に比べ標高は低いのですが、工場全体を見渡せます。

大王製紙(可児工場)の夜景(虹ヶ丘地区アルプス公園)その1

SONYα7Ⅲ SEL70300G:f/16・30秒・ISO-1600・128mm・WB-3500K

 三脚の高さが少し足りないと感じたので、滑り台を登ったところに三脚をセットし北北東を向いての撮影。滑り台を登ったのは何年振りだろう?。

大王製紙(可児工場)の夜景(虹ヶ丘地区アルプス公園)その2

 同じ場所から三本の煙突を全て入れての撮影。

大王製紙(可児工場)の夜景(虹ヶ丘地区アルプス公園)その2

SONYα7Ⅲ SEL70300G:f/16・30秒・ISO-1600・128mm・WB-3500K

 空に流れる煙が気に入ったので、センターで分けず、少し空を多めにしました。今回はこの絵が一番気に入りました。

大王製紙(可児工場)の夜景(虹ヶ丘配水場)の総評

 工場夜景の練習がてら出かけた大王製紙でしたが、なかなかの景観でした。

↓ぽちっとお願いいたします。

この記事を気に入っていただけましたら、拡散(シェア)いただけると嬉しいです。

コメント

この記事のトラックバック用URL