スポンサーリンク

楠ジャンクション(楠JCT)の夜景(名古屋市北区)

 愛知県名古屋市北区の名古屋第二環状自動車道、名古屋高速1号楠線、名古屋高速11号小牧線が接続する楠ジャンクションの夜景を撮影してきました。

 黒川インターチェンジ、清州ジャンクションに続き3ヶ所目ですが、構図のむつかしさがようやくわかってきました。一ヶ所一度の撮影ではベストの構図は見つけられません。もちろん好みの問題もありますが。

 2018-10-27に広角レンズを持って再度撮影してきましたので追記いたします。

楠ジャンクション(楠JCT)の夜景(名古屋市北区)

 いつものように仕事を終えた23:00からの移動、現地には23:30ころに着きました。googlemapである程度作戦は練っていたので、どこからどちらを向いて撮影するかは決めて臨みました。

楠ジャンクション南東から北西を望む

 今回もジャンクションを四方向から攻めてみます。まずは上記地図ジャンクションの南東、自動車屋さんがあるあたりから、北西を向いての撮影。

楠ジャンクション南東から北西を望む

SONYα7Ⅲ SEL24105G 2018-10-14
f/18・30秒・ISO-800・24mm・WB-3500K

 写真左奥が名古屋第二環状自動車道の清州方面となります。歩道橋までぐるぐるしているのが泣かせてくれます。

楠ジャンクション南東から北西を望む12mm

SONYα7Ⅲ SEL1224G 2018-10-27
f/16・30秒・ISO-800・12mm・WB-3500K

 これです!、本当はこれが撮りたかった構図なんです。12mmという超広角レンズで収めることができました。カシオペアが広角レンズ購入を祝福してくれました。

楠ジャンクション南西から北東を望む

 次に上記地図ジャンクションの南西、駐車場から北東を向いての撮影。歩道橋を歩いて渡り、MEGAドンキの方へ。

楠ジャンクション南西から北東を望む

SONYα7Ⅲ SEL24105G 2018-10-14
f/14・30秒・ISO-400・24mm・WB-3500K

 写真右手前が名古屋高速1号楠線の黒川方面となります。なかなかの重量感。

楠ジャンクション南西から北東を望む12mm画角

SONYα7Ⅲ SEL1224G 2018-10-27
f/18・30秒・ISO-400・12mm・WB-3500K

 同じ方向から超広角で撮りました。10mほど前へ行けたことで、カメラの地上高は高いが、より下から道路を捉えることができました。

楠ジャンクション北北東から南南西を望む

 車に戻り移動、自転車置き場やバス停があるあたりへ。

楠ジャンクション北北東から南南西を望む

SONYα7Ⅲ SEL24105G:f/14・30秒・ISO-400・24mm・WB-3500K

 写真右手前が名古屋高速11号小牧線の小牧方面となります。奥に見えるぐるぐるが内側の輪。

楠ジャンクション北北西から南南東を望む

 車で移動、大我麻公園付近へ。徒歩で側道まで移動しての撮影。

楠ジャンクション北北西から南南東を望む

SONYα7Ⅲ SEL24105G:f/13・30秒・ISO-400・24mm・WB-3500K

 一番右に写る道路が名古屋第二環状自動車道へ接続し、清州方面となります。緑のぐるぐるが二つある内の外側の輪。奥にもう一つのぐるぐるも見えますが、一部が建物で隠れて残念。しかし今回はこの絵が一番気に入りました。

楠ジャンクション北西から南東を望む

 大我麻公園までもどり、公園入口付近で撮影。

楠ジャンクション北西から南東を望む

SONYα7Ⅲ SEL24105G:f/13・30秒・ISO-400・24mm・WB-3500K

 内側の輪を撮影。24mmではこれ以上寄るとぐるぐるの全景が入りません。やはり広角が足りないか。

 基本的にサイズ変更のみのJPEG撮って出し(トリミングなし)ですが、小さく写り込んでしまった車はナンバーだけ加工いたしました。

楠ジャンクション夜景撮影総評

 黒川のような定番アングルもなく、撮影が広範囲に及ぶので思っていたより時間がかかりました。やはり超広角レンズがあれば、もう少しエグイところを切り取れそうです。しかし今もっている武器でも、まだまだ面白い絵は撮れそうなので腕を磨いていきます。

 って言うか、センサーにゴミ入ってるし。。

 2018-10-27追記。SEL1224G超広角レンズを入手したので、もっとも気になっていた構図に再挑戦しました。超広角レンズ!楽しい。でも難しい。

↓ぽちっとお願いいたします。

この記事を気に入っていただけましたら、拡散(シェア)いただけると嬉しいです。

コメント

この記事のトラックバック用URL